ハイドロキノンと洗顔によって肌が白くなる

肌が白くなる方法についての体験談

 

肌の色を白くする方法について紹介します。
まず、肌の漂白剤とも言われているハイドロキノンという成分が含まれている化粧品を用いる方法があります。
ただ、この成分は非常に刺激が強い成分であり、ハイドロキノンを化粧品に用いることが出来ない国もあります。
日本の化粧品に含まれている濃度は大体1%から2%に抑えられております。
安全のためにかなり濃度が抑えられているのですが、濃度が薄い分効果も弱くなっております。

 

海外製品を用いると中にはもう少し濃度の高いものも存在しますが、かぶれたり、痛みを伴ったり、アレルギー症状を起こす場合もありますので、利用するのは避けておいた方が良いです。

 

二つ目は洗顔に気をつける事です。
肌は毎日生まれ変わっており、新しく生まれた細胞は6週間かけて表皮にたどり着き、垢となって剥がれ落ちます。
古い角質を落とすためには朝晩の洗顔の仕方が大切です。
洗顔する前には蒸したタオルを顔にしばらく乗せておくと、毛穴が開いて毛穴の汚れを落としやすくなります。
また、洗顔する際にはよく泡立ててやさしく洗顔をすることが大切です。
擦ると肌を傷つけてしまうのでよくありません。
また、洗顔後はぬるま湯で洗い落とし、泡が残らないようにしっかりと洗うことが大切です。
洗顔が済んだ後は化粧水や乳液を用いて水分補給と保湿を行うことを忘れないでください
。肌の色を白くするなら、普段からしっかりと行うことが大事です。

関連ページ

タバコをやめたら肌のくすみが改善
タバコをやめたら肌のくすみが改善しました。
「トマトのリコピンが美白に良い」
顔や肌の色が白くなる方法についての体験談。
アルバイト求人情報